2020/11/18 13:39


90年代のストリートシーンをイメージして作りました。いわゆる「アウトドア」テイストの顔なのに、実はラケットバッグというユニークなアイテム。



90年代、アウトドア用のギアをストリートシーンに取り入れるスタイルが流行っていました。グレゴリーやマウンテンスミスのウエストバッグ、カブーのキャップ、ガーモントのシューズ…。懐かしいと思った方、私と同じ、昭和世代ですねw。
テニスをもっと身近に、普段の生活に溶けこむようにという思いから、ストリートスタイルに合うように作ったのがこのモデルです。

これは90年代のNIKEのcm。かっこよすぎますね。アガシのストリート感溢れるスタイリングが最高です。これを無断でやったら、捕まりますw。しかし、テニスをこんなノリでできたら…。ミヤシタパークでスケボーをやるように、そんな感覚で、もっとラフにテニスを楽しめたら…。

こちらで世界の人気スポーツの競技人口について書かれています。
1位はサッカー、35億人。テニスは5位で10億人。

抜粋
「(テニスは)個人競技であり、プレイするためにしっかりとした芝生を必要としたり、ある程度のコート面積が必要などの問題があるため、アマチュア選手はサッカーほど多くありません。」

そうなんですよね。サッカーやフットサルは競技施設が身近になってきたように思います。では、テニスに似た「パデル」ならそこまで広くなくても良いし、もっと色んな所に施設を作れるのでは⁈もっと流行っても良いと思うんですよね。私もやってみたい。こういう事はどこに言えば良いのでしょうか⁇大手不動産会社様⁇ぜひ、お願いします。

テニスにしてもパデルにしても、このバッグがきっかけで、「ちょっとはじめてみようかな」と思って頂いたら、私としてはそれほど嬉しい事はありません。今回のモデルよりサイズを調整し、普段使いしやすくなりました。また、クッション性などディティールもパワーアップしております。

このスクエアフォルムが少しイナタい雰囲気を醸し出すこいつ、おすすめです。(12月中旬より生産致します。)


Maco 眞塩